FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が亀ちゃんを好きになったきっかけは、「たったひとつの恋」ですから、
そのときは、仁さん留学真っ只中。

初めてコンサートに行った、
cartoon KAT-TUNコン東京ドームでは、6人揃って、
「おかえり~」なムードだったのか、
はっきり言って、亀ちゃんに初めて会えた喜びと感動が大きくて覚えてません。

そんなスタートながらも、
それから、亀ちゃんとKAT-TUNにどんどんハマッて。。。
6人でいるKAT-TUNが当たり前のように大好きだった。

「ロクーン」って言葉があるくらい、
メンバーにとっても、KAT-TUNが6人でいることの意味は大きかったと思う。



ニュースを知った上での昨日のコンサート。
メンバーからのダイレクトな言葉を待ってたところがあった。
プロミスソング後、

「心配かけたり、お騒がせで申し訳ないけど、KAT-TUNでいる幸せをみんなと・・・」

亀ちゃんの挨拶を聞いて、そのときは消化不良な気持ちになったのが本当です。


すっきりしないながらも、曖昧な中で5人のKAT-TUNの温かさが心地よかったアリーナツアー。
いつまでも曖昧ではいられない、
とどめをさすなら早く。。。
なんて思わないでもないけど、結論が出てしまうのも怖い、
そもそも、まとまらない気持ちで、先を考えることもやめていた。

でも、また昨日ひとつちょっとした動きがあって、
直接聞きたいと思った。

まとまらない気持ちで、これを書くまで時間が経ってますが・・・

ひと晩明けて、まぶしい夏の光を見ながら、
何でもかんでも亀ちゃんやメンバーに求めるのはやめなきゃ。
っと、思うに至りました。

5人のファンに対する思いは、最近のアリーナでもイベントでも、痛いほど伝わってきてるんだし。
彼らからちゃんと言葉を聞ける日が来るのかこないのか分からないけど、
彼らの発信するメッセージを受け止めればいい。
インテックスオーラスから、今日の挨拶も、

「みんなはKAT-TUNのファンで幸せですか?」
「KAT-TUNでいることの幸せを」
「ここでこうしていることは幸せなんだなあ」

亀ちゃんは、「幸せ」って言葉を何度も何度も口にした。
そうそう、わたしも幸せです。亀ちゃんに出会って、楽しいときを過ごせて、
亀ちゃんのおかげで、新しい友達ができて!


仕事だったりで、京セラも海外も行けないから、
昨日が私にとってのオーラスとなりました。

直接はしばらく会えないけど、
これからどんな発表に一喜一憂するのかは分からないけど・・・
気持ちは変わらないので、いつまでもついていく。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suuuko.blog115.fc2.com/tb.php/417-b4febcaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。